WRO 2013 世界大会初日結果 暫定7位!

WRO 2013のインドネシアでの世界大会、技志向χは初日7位で二日目に残りました。

サプライズルールが例年のタイムアタックではなく、精度を競うようなものだったことがラッキーでした。

明日もがんばれ!

 

広告

技志向Χ WRO 中学生部門3位入賞

今日、WROのJapan大会が行われました。

技志向チームからはΧ(カイ)が出場しましたが、見事3位に入賞しました。技志向としては、4年連続の日本代表です。

今年から始まった新しい採点ルールのもとで、2回目の試走でどのくらい多くのチームがパーフェクトを取れるかというところだけが不安点でした。カイはほぼ100%でパーフェクトを取れるマシンでしたが、その分スピードは遅くて、たぶんパーフェクトを取る中では最下位だろうと思っていました。実際最下位だったのですが、パーフェクトを取れたチームが3チームしかなかったために3位に入ってしまいました。

サプライズルールがプログラムを複雑にする方向になった点も追い風だったといえます。例年どんなに簡単なコースであっても、完走できるチームは多くても4-5チーム(20%)以下、サプライズがちょっと複雑だと10%-15%程度の完走率です。とにかく完走を優先させることがWROでの日本代表への近道であり、今年も例外ではありませんでした。(15チーム中3チーム=20%)

高校生のコースは、ルール自体にミスがあったのでしょうね、小学生でもできるような非常に簡単なコースでした。そんなコースでさえも高校生が7チーム(22.5%)しか完走できないということも、如何にその場でマシンを作り完走できるようなレベルに2時間で持っていくことが難しいかを示していると思います。

次はロボカップです。ミューともう1チームがレスキューAプライマリとサッカー(たぶんOpen)に出場予定です。マシンとプログラムは、100%作り直し、まったく新しいものにしています。どこまで進めるか今から楽しみです。

がんばれ技志向Χ(カイ)

いよいよ今週末がWROのJapan決勝です。

技志向Χは、2通りのプログラムを用意してサプライズでも対応できるようにという準備をしています。

昨年までのルールであれば、おそらく日本代表にはなれるのではないかと思いますが、今年のルールで他のチームがどんな早いマシンを用意してくるのか、不安でもあり楽しみでもあります。技志向として4年連続の日本代表がかかっています。

昨年までのルールやJapan独自のゲームについては、くだらないのひとことでした。子供たちは世界で戦うために練習しているのに、なぜ日本独自ルールを作る必要があるのかWRO事務局に何度も問いかけました。FAQがルールになるという信じられないような状況も今年は改善されたようです。色々と少しは意味があったのかなと思っています。

WRO2013 東京予選会 技志向カイ

技志向カイは、東京予選をトップ通過で、Japan決勝に進めることになりました。

残念ながらパーフェクトで終わることはできませんでしたが、それはそれでよいことで、失敗から学ぶことが多くて有意義だったと思います。

些細なサプライズに結局2時間かかって対応できなかった点は最大の反省点です。問題は山積みで、これからJapanの決勝までまだまだやることはいっぱいありそうです。

とりあえず前に進めて本当に良かった。

技志向チームとしては、5年連続Japan決勝進出、4年連続の世界大会は行けるのか?楽しみです。

技志向 WRO2013

WROの予選会の季節が来ました。

WRO2013ですが、技志向は1チームを除いて、参加しないことになりました。昨年不完全燃焼だったメンバーが集まり、1チームだけ、東京予選会の中学生部門にエントリします。予選会まであと10日ほどですが、まだまだ完走率が低く、ちょっと心配ですが、最後まで頑張ってほしいと思います。

今年は、昨年の主力メンバーが受験生であり、活動停止状態であることと、他のメンバーも前回のロボカップの結果が満足のいくものではなかったため、WROはスキップしてロボカップに向けて取り組みを始めました。サッカー、レスキューともルールも変わり、WROをやっている余裕がないというところです。

これまで、4年間WROに参加し、そのうち3年連続で日本代表、昨年はサッカーと小学生部門で優勝と、世界レベルは遠かったのですが、とりあえずは、WROで世界大会に行くことはそれほど難しいことではないことが分かりました。それに対して、ロボカップでは、まだまだ日本代表は遠いように思います。今後は、技志向としてはWROではなく、ロボカップに注力する方針に切り替えました。

チームのメンバーも一度C言語でプログラムを書き始めると、NXT-Gのようなものには戻れないようで、実質卒業かもしれません。